ジャステックの提言

1.引き合いに対する4つの相談

独立系中立のソフトウェアハウスとして、お客様の立場に立ったご相談をさせていただきます。

(1)ビジネス展開についての相談

  • 最新のIT技術(ERP、ネットワーク技術等)に基づく新商品の企画および新規ビジネスの展開
  • コスト削減、収益拡大に向けたビジネスプロセスの再構築コンサルテーション

(2)システム化についての相談

  • 基本構想、基本計画の策定方法、システム要件検討の進め方等

(3)開発技術および開発体制についての相談

  • 開発技術(開発管理技術、開発工法、開発技術等)
  • お客様の体制、協力会社の体制(ハードウェア会社、ソフトウェア会社、ネットワーク会社等)の役割と担当業務

(4)見積および契約についての相談

  • 見積方式、見積作業の進め方等
  • 見積書(書式、書記載項目等)、契約(契約方式、契約内容(契約条項等))

2.ジャステックを使った5つの利点

(1)ソフトウェアハウス間の競争の容認と顧客競争への協力

お客さまが低廉で良質なソフトウェアを購入し、またソフトウェアハウスの管理技術力、開発技術力等を評価する上で、ソフトウェアハウス同士を競争させることの意義を認めます。一方、ジャステックは、一分野一社の営業政策の了解が得られたお客さまについて、お客さまが展開するビジネスへの協力をさせていただきます。

(2)継続取引と価格・品質の維持

継続取引を進める中で、お客様の業務、開発環境等への練度を向上させ、低廉で良質なソフトウェアを提供して参ります。一見の開発では、品質、価格を継続的に維持できません。

(3)コンセプト作りと流通促進への積極的参加

  • 短納期、低コスト、高品質のソフトウェア開発の要請に応えるために、システムのコンセプト作りに積極的に関与させていただきます。
  • ソフトウェアの開発費用の回収を含め、流通(販売、仕入等)に積極的に協力をさせていただきます。

(4)生産技術と研究成果等の独自技術の公開

ジャステックでは、ソフトウェアの生産技術等の独自研究を推進しております。その成果については、お客様に公開するとともに、また研究へのご協力をお願い致しております。

(5)機密保持と著作権の尊重および充分な保守体制

  • お客様の機密(業務内容、システム化計画、顧客情報等)の保持に万全(機密保持契約の締結、個人情報保護に関する契約の締結等)を期すとともに、ソフトウェアの著作権を尊重致します。
  • 開発を担当したシステムについて、その保守体制を確保致します。
Page Top