技術職管理職

標準等級 活動業務 作業内容
6等級 管理業務
(職務区分:チームリーダ)
  • 開発課生産計画に基づくチームの要員計画・外部発注計画・原価計画・出来高計画の立案および執行
  • プロジェクト計画書の作成およびプロジェクトの生産状況(外部発注会社を含む)の把握・問題点の対処立案
  • 製品検査結果・顧客からの苦情内容・内部品質監査結果に基づいた是正処置・予防処置の立案および執行
  • 生産計画予実差異分析に基づく各種計数の分析・評価および精度向上
  • 顧客版見積書の作成補佐および教育訓練・製品検査・技術研究に関するチーム内調整等他部への活動支援
  • チーム内要員の業務評価・調整
ソフトウェア遂行業務
  • 分析手法やモデル化技法を提示し、現行システムの調査・分析および新システムの検討を指示
  • システムの機能要件、データ要件、品質要件および運用要件の確定ならびに要件定義書の作成指示
  • ハードウェア、ソフトウェアおよび業務構成・品目を確定し、システムの構造・構成要素の方式設計を指導
  • システム要件・システム方式の評価基準を提示し、評価実施を指示
5等級 管理業務
(職務区分:チームリーダ)
  • 開発課生産計画に基づくチームの要員計画・外部発注計画・原価計画・出来高計画の立案および執行
  • プロジェクト計画書の作成およびプロジェクトの生産状況(外部発注会社を含む)の把握・問題点の対処立案
  • 製品検査結果・顧客からの苦情内容・内部品質監査結果に基づいた是正処置・予防処置の立案および執行
  • 生産計画予実差異分析に基づく各種計数の分析・評価および精度向上
  • 顧客版見積書の作成補佐および教育訓練・製品検査・技術研究に関するチーム内調整等他部への活動支援
  • チーム内要員の業務評価・調整
ソフトウェア遂行業務
  • 新業務モデル等に基づく、業務設計、外部入出力設計、システムインターフェース設計、論理データベース設計およびソフトウェア構造・構成要素設計の指針を提示し、設計を指導
  • ソフトウェア要件・ソフトウェア方式の評価基準を提示し、評価実施を指示
  • ソフトウェア製造工程へ開発支援指針(標準化・教育・環境等)を提示し、準備および実施を指示
  • システムテスト・統合テスト・単体テストの計画および実施手順規定の方針・基準を提示し、作成を指示
  • システムテストのテスト条件(項目、ケース、データ)等を確定し、テスト仕様の文章化を指示

(注)管理業務は等級ごとに管理(量)および管理(生産性)を設定しています。

  • 管理(量):配下人数と管理対象プロジェクト数で表わします。 配下人数は総稼動人数(社内支援受入れ、協力会社参加人数を含む)をいう。 プロジェクト数は同時に履行中である契約単位の数をいう。
  • 管理(生産性):配下人数一人当たりの管理に要した月間時間で表します。
標準等級 等級内の標準水準
管理(量) 管理(生産性)
6等級 21~40人
(3~4プロジェクト)
2.8~4.0H/人
5等級 11~20人
(2プロジェクト)
3.5~5.0H/人
Page Top