教育

基本方針

これらの基本方針に基づき、各部門連携し調和のある教育を実践しています。

具体的施策

1.調和(人格+技術)のある教育

  • (1)総合力の向上を目指した教育の実施
    ソフトウェア開発は組織の総合力に依存すると考え、躾・エチケット、純粋技術教育、マネージメント教育、経営感覚、教養等の全人格面での教育を推進しています。
  • (2)成長分野に即応する教育計画
    多様で即応性を要求される新業務・新技術へ対応すべく、部門連携を前提としたカリキュラムを構成しています。
  • (3)継続的プロセス改善へのトレーニング・プログラム
    CMMI(能力成熟度モデル統合)に対応するトレーニングを教育体系に組み入れ、品質保証の定着に貢献しています。

2.生涯を見通した教育

入社前教育から基礎教育、応用教育、キャリア開発教育まで、個人の特性・志向とライフサイクルを考慮した独自の教育体系に基づく教育を推進しています。

3.技術教育と技術公開教育

当社にとって未知な技術は、部門連携基準(テーマ、対象者、費用等)に基づいた教育(技術教育)を実施し、既知であり普及を図ろうとする技術は、自発的参加を重んじた教育(技術公開教育)を実施しています。

Page Top